ダイエットの恐怖

1ダ

 

誰にでも陥る危険のあるダイエットによる病気

みんな、「私は大丈夫!」「私に限ってそんな事はない!」「自分できちんとうまくコントロール出来る!」「そういうのは精神の弱い人がなるものだ」と思っていませんか?

今日は私の実体験を元にダイエットの恐ろしさについて書きたいと思います。

 

私の妹は我が道を行くタイプで、家族に対して我が強く本人は自らを知識があり常識も心得ている常識人で何に対しても見極める目を持っている!きちんと分別が付けられて決して何事にも道を外すことはない!!と思っていました。

そんな彼女は思春期を迎えると女の子は大体誰もがなる通り、自分の外見を気にするようになりました。そこまでは私も含め他の姉妹も同じでしたが、彼女は唯一私と他の姉妹と違い父親に似て背が高く、その分がたいが良かった為そこをとてもコンプレックスに感じていたようです。

母親に似て背が低めで小柄だった私たちからすれば、高すぎず低すぎずな身長とそれに見合った無駄のないがたいに羨んでいたのですが、彼女はそこからテレビや雑誌に取り上げられるダイエットや美容のトレンドに過度に反応し、それらをとてもストイックにやるようになりました。

 

はじめのうちは、本当に普通にコントロールしながらやっていたのですが、何が引き金になったのか彼女の中の誤ったスイッチが入ってしまってからというものそのダイエットの仕方が段々とエスカレートし、それまでは親や周りの忠告やアドバイスをある程度受け入れていたのがそれを全くと言って良い程聞かなくなりました…。

ダ2

ある時は「炭水化物抜きダイエット」が出ると、はじめは上手くやっていたのに自分が摂り過ぎたと感じれば自ら指を突っ込み吐き出したりして、どんどん炭水化物という炭水化物全て一切摂らなくなり、それに加えて食事の量も減っていき仕舞には大した食事を摂らずに必要な栄養素をサプリメントで補うようになったのです…。

 

大事な体を作る時期にこの様な生活をした結果、見る見る痩せていき本人は減っていく体重に喜びを感じ更に力を入れていきますが、はたから見てそれは健康的に美しく減量したそれとは違いとても病的で痩せるというよりコケているといった感じ…。 骨と皮とまでいきませんが体は全体的にガリガリで、おまけに栄養不足から肌の色も異様に白くとても美白とは言えないものでした。

3ダ

生理も全く来なくなり、それはさすがに本人もマズい!と思って母親に相談し病院へ行きましたが、それが過度なダイエットが原因であることは他の誰もが思っていましたが当の本人はそんな事はみじんも思っておらず生まれ持った体質だと思っていました。 検査の結果、かろうじて排卵はしているものの、ホルモンバランスが乱れに乱れている状態。

母親は医者にダイエットをしていることを伝え訴えましたが、本人は断固として否定!医者にはそんなに過度なダイエットはしておらず普通だ!と言っていましたが医者もその点はプロなので上手く本人に言い聞かせたところ、医者が言うなら間違いないといった感じでまた少しは周りの意見を聞くようになり、食事も以前よりは摂るようになりました。

 

しかし、それも長くは続かずそれによって体重が増えるとリバウンドしたとまた病的ダイエットが始まったのです。 私たち家族は彼女に対して「拒食症」だと思っていました。そうはいっても状態としてはテレビなどでやっているほどの深刻な状態ではありませんでしたが、いつそうなってもおかしくはない状態です。

 

だindex

今、彼女はその頃よりは自分の状況を把握し、そこまでのダイエットはやっていませんがそれでも未だに現状に満足はしておらず美白とダイエットにいそしんでいます。 そして相変わらず生理は来たり来なかったりで最近は子供が欲しいけど出来ず…。

 

今まで私自身正直、病気になるほどのダイエットなんてやらないしそれくらいの判断は出来て自分でコントロール出来る!!それは自分だけではなく、家族に関しても自分の家族にそんな人はいないと思っていました。 「拒食症」などは他人事だと思っていました。

でも身近な家族がその様な状態になっていくのをずっと見てきてダイエットの恐ろしさを感じました。 「私は大丈夫!」と自信のある人ほど陥りやすいと思います。 私が強く感じたのは、人間は何事においても精神状態がかなり重要でそれに誤った支配をされてしまう可能性は誰でも秘めていて、今の世の中では特にそうなりやすい環境であると思います。

 

自分は精神が強いと過信している人が多く、実はみんな人間弱いのだという事に気が付いていないように感じます。 ましてやダイエットにおいては、まさに精神との戦いで、成功も失敗も・心身の健康も病気も紙一重だと思います。

 

私は自分が陥った立場ではありませんが、妹の件で、自分の経験として周りでその様を見ている側の苦悩を感じてきました。 大事な家族がどんどんやせ細り、体の心配をして何とかしようと色々やってみても人の精神というのは恐ろしく厄介な物で、いくらこちらが切にお願いして訴えても本人がその気にならなければ何も変わらないし、またそれを変える事がどれだけ困難な事であるかという事を身をもって本当に嫌という程実感させられました。

 

この様に本人だけの問題ではなく、周りの家族なども苦しめるのだという事も知ってもらいたいし、本当に誰でも簡単にこの様な状態になりかねないという事を踏まえてダイエットしてもらいたいと心から思います。