【表示確認】太らないアイスの選び方と食べ方【カロリー】

【表示確認】太らないアイスの選び方と食べ方【カロリー】

アイスの美味しい季節になってきた。だが、冷たくて甘いアイスには、多量の砂糖や乳脂肪が含まれて高カロリーなものが多く、ダイエッターにとっては危険な誘惑だ。「アイス」とひとくくりに言っても、低脂肪のものから乳脂肪の多い濃厚タイプまで、カロリーにはかなり開きがある。ダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社では、同社が運営するダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて「ダイエット中に太らないアイスの選び方と食べ方」を公開している。

パッケージの表記で”太りにくいアイスを”見極める

「ダイエット中に太らないアイスの選び方と食べ方」によると、その見極め方のポイントは、パッケージの表記にあるという。「種類別」という項目と、栄養成分表の「脂質」、ここが注目すべきポイントだ。「種類別」は含まれている成分によって、「1.アイスクリーム」「2.アイスミルク」「3.ラクトアイス」「4.氷菓」の4つに分類されており、アイスクリーム類の定義と成分規格は、食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」によって、基準が定められている。

1.アイスクリーム

乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上。4種類のうち、乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれているタイプ。乳成分が多いため、ミルクの風味がよく感じられる。ハーゲンダッツ、レディーボーデン、MOW、クランキーアイスバー、ピノ、PARM、牧場しぼりなど。

2.アイスミルク

乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上。アイスクリームよりも乳成分が少ない。しかし脂肪分を補うために植物性脂肪が配合されていることもあるため、必ずしもアイスクリームよりもカロリーが低いとは限らない。チョコモナカジャンボ、ジャイアントコーン、雪見だいふくなど。

3.ラクトアイス

乳固形分3%以上。乳由来の成分は少ないが、植物性脂肪が多く使われているため、アイスクリームに比べ低カロリーという訳ではないので注意。爽、ス-パーカップ、パナップ、パピコ、クーリッシュなど。

4.氷菓

乳固形分3.0%未満のものは、「氷菓」と規定されている。果汁を凍らせたアイスキャンディーやシャーベットなどは法的には「氷菓」とされ、上記3種のアイスクリーム類とは別扱い。比較的カロリーが低いものが多い。スイカバー、ガリガリくん、ICE BOX、あずきバー、メロンボール、シャビィなど。

脂質の項目で”高カロリーアイス”を見極める

また、栄養成分表の脂質の項目もチェックすべきだとしている。ここの数値が高いほど高カロリーになる。アイスは脂肪分が低いものから高いものまでピンキリだ。「炭水化物(糖質)」の項目もチェックするべきだという声が聞こえてきそうだが、「アイス」の括りである以上、どれもある程度の糖分がある。

ダイエッター的アイスの選び方・食べ方

  1. 成分表示をチェックして、エネルギー・脂肪の少ないものを選ぶのが基本。
  2. 低脂肪であるものが多い「4.氷菓」がオススメ。
    「1.アイスクリーム」「2.アイスミルク」「3.ラクトアイス」は脂質が高い傾向にあり、大抵高カロリー。買うならサイズが小さめのものを選ぼう。例えばハーゲンダッツなら通常のカップ(ミニカップ 120ml 267kcal/個)より、6個入りマルチパック(75ml 167kcal/個)にして、1日1個まで。濃厚な味わいだからこそ少量でも満足感が得られやすい。
  3. コーンカップのタイプよりは、スプーンで食べるタイプを選ぶ。
  4. 食べる時間は午後15時~18時がベスト。この時間帯は1日で最も体温が高く、太りにくい時間帯と考えられている。間違っても夜のお風呂の後、寝る前、お酒の後などに食べないようにする。
  5. 冷たいアイスを食べた後には、温かいお茶などを飲む。内臓が急に冷やされると消化器官の機能が低下し、食欲が落ちたり、下痢、夏バテなどを引き起こす原因となってしまう。冷えは美容の大敵。身体を温めることは、代謝・免疫力UP、内臓の働きを良くする。